家族のリスクマネジメント勉強会

 

KRMについて

 

各支部のご案内

Link集はこちら

 

勉強会のDVDがあります

ご寄付頂いた皆様へ

  • 医療法人社団  山吹会 御中
  • 有限会社 BENTON 御中
  • M.Y 様
  • Y.S 様 (福島県)
  • C.K 様 (兵庫県)
  • K.K 様 (千葉県)
  • 皆様ありがとうございました

    福島支部

    5月27日に勉強会をしました!

    私は福島第1より60キロ離れた地に住む 福島県の中通り在住です。
    事故当時は 生後4ヶ月の息子を抱え 家に閉じ籠り 悶々とした不安な毎日を送っていました。

    震度6強のこの地は 当分の間断水が続き 事故当初、「外から帰ったら手を洗え。シャワーを浴びろ」と ニュースで騒いでいましたが 水の出ない被災地相手に何をいってるのかしら!!と怒りさえ覚えました。
    スーパーもコンビニも営業していない。食べるものも底をつき 近所の親戚の農家の方から ほうれん草や 葉玉ねぎを頂き 食べてしまったこと。 母乳育児中の私はそのことをずっとずっと悔いて 自分を責め続けていました。

    親戚の農家も出荷が出来ず

    「基準値以下なんだよ。大丈夫だから。。。でも無理に食べなくてもいいからね。」 
    といって売れ残った野菜を抱える目が 真っ赤で・・・福島産を避けている自分腹立たしくて情けなくて。

    でも大丈夫という確信が持てない。

    そんな時事故当初から変わらず冷静な見解で安心材料を発信し続けてくれる半谷さんと出会ったのです。

    怖い!危ない!騙されるな!と頑なだったあの頃の私、ちょっとしたきっかけで冷静になってみようと、ちょっと他のお話も聞いてみようとそんな思いで
    半谷さんのお話を聞きました。

    眼から鱗でした。

    わからないからやみくもに怖がっていた自分と決別。 冷静に見極めようとする気持ちを持ち、正しく怖がることを学びました。

    心の中のモヤモヤがすうっと溶け身体中の緊張も無くなり楽になりました。マスクもしません。洗濯ものだって外に干します。 息子と元気に、散歩に出れる幸せを実感しています。

    まだまだ不安なお母さん方は沢山いらっしゃる。こういった方々の手助けをできないだろうか。

    そしてそんな思いが全国的に広まり、初めは京都の一人のお母さんによって 【家族のリスクマネジメント勉強会】が開催されたのです。

    その勉強会が 先日とうとう 郡山市で開催されました。 私も気持ちは一緒です!
    私は スタッフとして参加することにしました。 一人でも多くの方々が 私のように肩の力を抜くことが出来たらいいな。 そして子供達と本当の笑顔で過ごしてほしい。

    ママ!あなたは 充分子供たちを愛しているよ。 子供達を苦しめたりなんてしないから。 酷い親だなんて責めたりなんてしない。だから笑って。ママ。ママの笑顔が 子供たちにとって 放射能なんかに負けない1番の大きな力になるんだよ。。。

    5月27日  郡山市 ニコニコこども館にて半谷氏による【家族のリスクマネジメント勉強会】 第一回目でありながら 子供を含め43名の参加者で行われました。

    初めは 緊張した面持ちで聞き入っていた参加者の皆さん。 どんどん半谷さんのお話に引き込まれていきました。

    参加して下さった方に少しでもお話に集中してほしかったのでまずは息子を寝かせつけ、飽きだした生後11ヶ月の女の子を抱っこ。 息子より全然軽いし やっぱり女の子って大人しくて楽?なんて余裕だったのに^^; 長時間の抱っこはさすがに筋肉痛?(笑)

    会場が 和室ということもありみんな足を崩し楽な姿勢でリラックスして聴け和やかな雰囲気で進行しました。

    人数が増えたので障子の仕切りを開け放ちオープンにすると解放感あって子供たちは部屋から飛び出し屋外広場で三輪車に乗ったり走り回ったり。
    スタッフも我が子を見ながら交代で行ったり来たりと見守りましたが
    一人のスタッフの旦那様、「子守するから大丈夫だよ。」とのイクメン発言!!
    終了後もその旦那様には一同感激ホレボレありがとうございました。

    参加して下さった方々から帰り際に来てよかった。また来たい!ホッとした。友達にも教えたい。有意義な時間だった。等々、嬉しい言葉を頂きました。

    新潟に避難されてるお孫さんと娘さんを心配し参加して下さったお母様、最後に「大丈夫なんですよね?」と質問すると半谷さんから「大丈夫ですよ。帰って来てください!」との言葉、笑顔で「娘にそう伝えます。」とおっしゃっていたお母様のお顔がとても印象的でした。

    福島支部in郡山のスタッフは私のマイミクさんでもあるひるなおさんに やいこさんに りーく(彼女との出会いはmixiで もう10年近くなる) 私を含めた4人。すべて子持ちのママさん達です。

    ここまで来るのに子供や家族の都合もありもう投げ出したくなったり 胃が痛くなったり。初めてのことで 戸惑いもあった。

    子供達にお願いだからもう少し寝ててよ!!とか一人で遊んでて? とかやりたいことも出来ず、常に邪魔をされ なかなか思うように進まなくて 何度も何度もみんなで悩んだよね。落ち込んだよね。 でも無事開催が出来たこと。とってもとっても嬉しく思います。

    他の支部のスタッフの皆さんに支えられ、貴重な時間と経験を皆さんと共有できたこと、本当に感謝しています。

    そして 長野から駆けつけてくれたピンポンさん! 撮影を完全にお任せしてしまいましたが、心強かったです。 ありがとうございました。「郡山は近いよ!すぐ来れるよ!」の言葉嬉しかったな♪  次回も期待しちゃっていのかしら そうそう、ピンポンさんのコーラ、子供たちが 皆、狙っていましたよ?ww

    この仲間達との出逢いに、とても感謝しています。

    そして半谷さん、ありがとうございました。 どんどん お忙しくなっちゃって 手の届かないところへ行ってしまいそうだけどまだまだ福島には お話しを聞きたい人が沢山います。勿論、福島だけに限らず、待ってる人達がいます。