家族のリスクマネジメント勉強会

 

KRMについて

 

各支部のご案内

Link集はこちら

 

勉強会のDVDがあります

ご寄付頂いた皆様へ

  • 医療法人社団  山吹会 御中
  • 有限会社 BENTON 御中
  • M.Y 様
  • Y.S 様 (福島県)
  • C.K 様 (兵庫県)
  • K.K 様 (千葉県)
  • 皆様ありがとうございました

    埼玉支部

     

    11月25日に勉強会をしました!(埼玉第3回)

    春日部市で、埼玉では3回目の勉強会を開催しました。3連休の最終日でしたが、スタッフ含め大人16名、子ども6名 計22名の方に参加して頂きました。今回の勉強会は、いつもお決まりの「偵察に来た方いますか?」という半谷さんからの問いかけに手を上げた方も、ちらほら…。ピリッと緊張感のある勉強会となりました。

    「質疑応答、楽しかったですね!」とアンケートに書かれた方もいらっしゃいました。予定していた時間より押してしまいましたが、皆さんに片付けを手伝って頂いて、時間通り終わる事が出来ました。ありがとうございました。

    参加された方からの感想を頂きましたので紹介します。

    ◆講演はとても魅力的で、もっと話を聞きたくなりました。とても印象に残ったのは、伊達市のお母さんに向けての言葉でした。

    "恐ろしいものと一緒に生活していかなければならない。原発事故のあとは、テレビや新聞で情報を得なければならなかった。原発事故の直後、避難所へ行くと子どもたちは笑顔を作り、努力していた。…夫婦ゲンカをすればわかるよね。子供は場を和ませようと、最大限の努力をしていたんだよ。お母さんの笑顔を作ろうと。大人は持っている知識で頑張るしかなかった。これは誰も責められず、むしろ頑張った姿があったからこそ、子供たちの笑顔があり、大人が守られた。その頑張った姿を子供たちは見ていた。その頑張りは子供たちの記憶に残り、お父さん、お母さんの子供に生まれて良かった、と将来きっと思ってくれるよ。"

    多くの情報に翻弄され傷つき、悩んできたであろうお母さん達…。私にもこの言葉を贈りたいです。

    少し自分語りになりますが、旦那が鉄道勤務の為に復旧作業に追われ、311から帰宅出来ない日々。幼い子2人(4才と1才)を抱えて余震に怯え、どんどん商店から品物が消える中、買い物もままならず。そんな中で発覚した三男の妊娠。お笑いになる方もいるでしょうが、私は一気にパニックになりました。埼玉の放射線量が上がった時、雨が降った時、東京に取水制限が出た時、オムツを求めて外をうろつき水道水を飲んでいました。

    「レントゲンが駄目な時期に日常の数倍の放射線を浴びてたの?赤ちゃんは大丈夫なの?」

    そこから始まる怖い怖い期…(恥)

    あの日の自分に伝えたい。科学的な裏付けのあるお話しの数々。世の中には様々なリスクがあり、私達はそれらに対して無意識に折り合いを付けてきたのに、放射性物質に関してだけ敏感に反応し、嫌悪して…。

    「放射性物質ってなんだろう。よく分かんないけど、みんな大丈夫って言ってるから大丈夫だろ」

    何となくが「○○だから、大丈夫なんだ」に変わる。そんな講演であったと思います。

    今回は、スタッフとして初参加して下さったSさんには、半谷さんのお人柄についてもひと言頂きました。

    ◆半谷さんにお会いして、その人柄に感動しました。塾の講師との事。子供にとって、先生の存在は一生物なのではと思います。私個人ですが、小中学生の時の先生の記憶が溢れてきました。小学校の先生。声を出す事が出来ない生徒がいたので話す事の大切さ、話せる事の素晴らしさを授業をやめて1クラス皆で考えた事がありました。髭をはやし熱く語られる姿『俺は皆の味方いつでも来い』と、いつも両手を広げていた恩師。中学校の先生。思春期、家庭内の事は勿論、友達関係の相談や心のケアをして下さった。時には笑い、一緒に泣き、叱り『大丈夫よ』といつも言って下さった恩師。大人になっても『貴女は私の教え子。ずっと味方だし、自慢の生徒よ』と。卒業して何十年たった今も、先生は心の中で生きています。何の利益を求める事なく、大人になった私に、今もなお叱り励まして下さる姿。本日の半谷さんと重なりました。

    実はこのSさんの「半谷さんに会って話を聞いてみたい!」という一言をきっかけに、今回の勉強会の開催が決まりました。準備期間は1ヶ月強ほどでしょうか…スタッフ同士、密に関わってきました。子どもの話や、他愛もない話に脱線もしつつ。…有意義な時間を過ごせました。勉強会終了後はSさん、感極まって泣いてしまったと…。 私も一緒にお手伝いできて良かったです。ありがとうございました。

    同じく半谷さんの話を聞いてみたい、とお思いの方はぜひお声かけ下さい。